データスタジオ 関数一覧 EXCEL比較版

データスタジオ関数一覧EXCEL比較表

Googleデータスタジオには、計算フィールドの数式内で使用できる便利な機能が数多く用意されています。このデータスタジオの関数リストは、公式ページで公開されています。

EXCELの関数でいうと、データスタジオではどの関数?と疑問に思うことがあったので、データスタジオとEXCELの関数比較表を作成しました。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク

データスタジオ 関数一覧 EXCEL関数との比較表

タイプ名前説明構文EXCELでの関数
日付TODATEUTC の指定された形式で日時の項目を返します。TODATE(X, 入力形式, 出力形式)
日付YEARWEEKISO 8601 規格に沿って X の年と週を返します。YEARWEEK(X)
日付QUARTERX の四半期を返します。QUARTER(X, 入力形式)-
日付MINUTEX の分を UTC タイムゾーンで返します。MINUTE(X, 入力形式)MINUTE
日付DAYX の日付を返します。DAY(X, 入力形式)DAY
日付MONTHX の月を返します。MONTH(X, 入力形式)MONTH
日付WEEKISO 8601 規格に沿って年初からの X の週番号を返します。WEEK(X)WEEKNUM
日付HOURX の時間を UTC タイムゾーンで返します。HOUR(X, 入力形式)HOUR
日付YEARX の年を返します。YEAR(X, 入力形式)YEAR
日付SECONDX の秒を UTC タイムゾーンで返します。SECOND(X, 入力形式)SECOND
日付DATE_DIFFX と Y の日数の違いを返します(X-Y)。DATE_DIFF(X, Y)DATEDIF
日付WEEKDAYX の曜日を返します。WEEKDAY(X, 入力形式)WEEKDAY
地域TOCITYX の都市名を返します。TOCITY(X, 入力形式)-
地域TOCOUNTRYX の国名を返します。TOCOUNTRY(X, 入力形式)-
地域TOREGIONX の地域名を返します。TOREGION(X, 入力形式)-
地域TOCONTINENTX の大陸名を返します。TOCONTINENT(X, 入力形式)-
地域TOSUBCONTINENTX の亜大陸の名前を返します。TOSUBCONTINENT(X, 入力形式)-
集計方法MAXX の最大値を返します。MAX(X)MAX
集計方法COUNT_DISTINCTX の固有な値の数を返します。COUNT_DISTINCT(X)
集計方法SUMX のすべての値の合計値を返します。SUM(X)SUM
集計方法AVGX のすべての値の平均を返します。AVG(X)AVERAGE
集計方法MINX の最小値を返します。MIN(X)MIN
集計方法COUNTX の値の数を返します。COUNT(X)COUNT
集計MEDIANX のすべての値の中央値を返します。MEDIAN(X)MEDIAN
集計PERCENTILEフィールド X のパーセンタイル ランク Y を返します。PERCENTILE(X,Y)
集計VARIANCEX の分散を返します。VARIANCE(X)
算数ACOSX の逆双曲線余弦を返します。ACOS(X)ACOSH
算数LOG1010 を底とする X の対数を返します。LOG10(X)LOG10
算数ASINX の逆双曲線正弦を返します。ASIN(X)ASINH
算数NARY_MAXX、Y、[、Z]* の最大値を返します。入力引数はすべて同じ型で、すべて数字かすべてテキストである必要があります。また、少なくとも 1 つの入力引数が項目であるか、1 つの項目を含む式である必要があります。NARY_MAX(X, Y, [Z]*)
算数NARY_MINX、Y、[、Z]* の最小値を返します。入力引数はすべて同じ型で、すべて数字かすべてテキストである必要があります。また、少なくとも 1 つの入力引数が項目であるか、1 つの項目を含む式である必要があります。NARY_MIN(X, Y, [Z]*)
算数ATANX の逆双曲線正接を返します。ATAN(X)ATANH
算数SQRTX の平方根を返します。ただし、X は非負数である必要があります。SQRT(X)SQRT
算数SINX の正弦を返します。SIN(X)SIN
算数CEILX の最小の整数値を返します。たとえば X が v だった場合、CEIL(X) が返す値は v 以上になります。CEIL(X)TRUNC
算数ROUNDX を Y の桁で四捨五入した値を返します。ROUND(X, Y)ROUND
算数ABS数値の絶対値を返します。ABS(X)ABS
算数COSX の余弦を返します。COS(X)COS
算数FLOORX の最大の整数値を返します。たとえば X が v だった場合、FLOOR(X) が返す値は v 以下になります。FLOOR(X)INT
算数TANX の正接を返します。TAN(X)TAN
算数LOGX の自然対数を返します。LOG(X)LOG
算術演算POWERX を Y 乗した結果を返します。POWER(X, Y)POWER
テキストUPPERX を大文字に変換します。UPPER(項目または式)UPPER
テキストREGEXP_MATCHX と Y が一致するときに真を、そうでないときに偽を返します。REGEXP_MATCH(X, 正規表現式)
テキストREGEXP_REPLACEACEX の中で正規表現に一致するすべてのテキストを、別の置換文字列に置き換えます。REGEXP_REPLACE(A, '[a-z]+', 'A')
テキストREPLACEX に含まれるすべての Y を Z に置き換えた X のコピーを返します。REPLACE(項目または式, 既存の文字, 置換文字)REPLACE
テキストLENGTHX の文字数を返します。LENGTH(項目または式)LEN
テキストREGEXP_EXTRACTX の中で正規表現のパターンに該当する最初の部分文字列を返します。REGEXP_EXTRACT(項目または式, 抽出正規表現パターン)
テキストSUBSTRX のサブテキストを返します。サブテキストは X[Y]、X[Y+1]、...、X[Y+Z-1] で構成される値です。SUBSTR(項目または式, 開始インデックス, 長さ)
テキストHYPERLINKURL へのハイパーリンクを、リンクテキストを付けて返します。 HYPERLINK(URL、リンクのラベル)HYPERLINK
テキストCONCATX と Y を連結したテキストを返します。ただし、X と Y のいずれかは、少なくとも 1 つの項目を含む式である必要があります。他方は文字テキストでもかまいません。また、X と Y は両方とも集計された値であるか、両方とも非集計の値である必要があります。CONCAT(X, Y)
テキストTRIM最初と最後の空白文字を削除した X を返します。TRIM(項目または式)TRIM
テキストLOWERX を小文字に変換します。LOWER(項目または式)LOWER
その他CASE指定したブール式に基づいて 1 つの値のみを求めます。 CASE
WHEN C = 'yes'
THEN 'done:yes'
ELSE 'done:no'
END
IFS
その他CASTCAST (field_expressionAS [タイプ])特定の項目や式を「タイプ」にキャストします。CAST 内で集計項目を使うことはできません。
「 タイプ 」には  NUMBER または TEXT を指定できます。
その他IMAGE表に画像を追加しますIMAGE(Image URL, [Alternative Text])-
その他STDDEV関数は X の標準偏差を返します。STDDEV(pageviews)STDEVP

以上、「データスタジオ 関数一覧 EXCEL比較版」の記事をご紹介しました。

参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事

ご覧頂いた方からのご感想

更新情報をお届けします

更新情報をお届けします

メールアドレスを登録していただくだけで、ブログの更新情報やブログには書かないBtpBマーケティングノウハウをお届けいたします。公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。 (配信頻度は月に1~2回程度です)
 
Facebookで更新情報を受け取る Twitterで更新情報を受け取る
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
// //