【集客力を強化!】サーチコンソールを活用したBtoBサイト改善の4ステップ

サーチコンソールを活用したBtoBサイト改善の4ステップ

Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを使っている方はいますが、BtoBマーケターでGoogleサーチコンソールを活用している方はまだまだ少ないと思います。

Googleサーチコンソールは、マーケティングにものすごく活用できるので、使ってない方はぜひ活用することをおすすめします。

そこで、今回は集客力の強化に使えるサーチコンソールの着眼点と分析手法をご紹介します。

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク

サーチコンソールとは?

Google Search Console (サーチコンソール)は、BtoBのデジタルマーケティングの集客戦略に最も重要なキーワード選定を助けてくれる超強力なツールです。

詳しく説明すると、Googleの検索結果におけるサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。運営しているサイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

Googleアナリティクスと何が違うの?

「Googleサーチコンソールって、Googleアナリティクスみたいなもの?」「Googleアナリティクスと何が違うの?」という声を聞きます。

このような方向けにざっくり比較すると下記の違いがあります。

Googleアナリティクス…ウェブサイトへ来た後のサイト分析

何人の人が、どこから来て、何を見て、どんな行動をしているのか。
Googleサーチコンソール…ウェブサイトへ来る前のキーワード分析

どんな検索で集客できているのか。キーワードの検索ニーズはどれくらいか。

サーチコンソールはこんなBtoBマーケターにおすすめ

  • どんな検索キーワードでサイトに来ているか把握したい。
  • キーワードの検索ニーズを知りたい。

※サーチコンソールは、ウェブマスターやウェブ担当者などの職種の方も重宝する機能が満載ですが、今回は”BtoBマーケターが活用する“という視点でまとめているので、BtoBマーケターが直接関わることが少ない機能(Fetch as Googleなど)は割愛しています。

サーチコンソールでわかることは?

BtoBマーケターが活用しやすい指標は、「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」の4つです。

いずれも、サーチコンソールの、「検索パフォーマンス(旧画面の場合は、検索アナリティクス)」画面で数値を確認できます。

SearchConsole検索パフォーマンス画面

それでは、指標の意味を解説します。

クリック数

クリック数とは、運営しているサイトがGoogleの検索結果に表示され、クリックして訪問してきた数のこと。

表示回数

表示回数とは、運営しているサイトが検索結果に表示された回数のこと。

重要なポイントは、表示されただけで、クリックされていない回数も含まれているという点。

CTR(Click Through Rate)

CTRとは、「クリック率」のこと。

例えば、「勤怠システム」で検索されたとき、表示回数が1,000回、クリック数が10回なら、

10÷1,000=1.0%(CTR)

となります。

掲載順位

掲載順位は、Googleでそのキーワードが検索されたときの検索結果の順位のこと。

狙っているキーワードが、何位にいるかチェックできます。

サーチコンソールで分析する際の着眼点

BtoBでデジタルマーケティングを成功させるには、集客できないと何も始まりません。この集客を強化する手段の1つとして、ターゲットとなるキーワードを設定した上で様々な施策を展開することが最も重要といっても過言ではありません。

このキーワードを分析するツールの1つがサーチコンソールです。

サーチコンソールで分析してわかること

サーチコンソールで分析してわかることは、おもに下記の4点です。

  1. 運営しているサイトがどのようなキーワードで集客できているのか?
  2. サイト内のキーワードは、検索ニーズがあるのか?
  3. サイトの集客力を改善できるキーワードはないか?
  4. 想定外のキーワードで、検索結果に表示されていないか?

では、それぞれの着眼点を説明する前に、注目すべき箇所(数値の見方)をマトリクスで確認します。

注目すべき箇所(数値の見方)をマトリクスで確認

下記の図は、掲載順位とクリック率の関係、掲載順位と表示回数の関係をマトリクスで表しています。

掲載順位とクリック率のマトリクス-サーチコンソール-

掲載順位と表示回数のマトリクス-サーチコンソール-

注目すべき箇所は、上図の「改善★A★」「伸び代★B★」「お宝★C★」の3箇所です。

【参考】掲載順位とCTR(クリック率)の平均値は?

掲載順位とCTR(クリック率)の関係の数値は、様々なサイトで公開されています。

私も本ブログのデータで分析したことがあるので、ご興味ある方はご一読ください。

26万件データでクリック率と掲載順位の関係を調べてみた-Googleサーチコンソール-
「20代野球好きの生活界隈」というブログを運営している"なおしー"さんの記事を拝見しました。非常に興味深いデータでしたが、月間20万PV以上...

また、別の調査結果がctrstudyでも公開されています。

この平均値と、運営しているサイトの実際のCTRを比較し、集客がうまくいっているのかどうか分析します。

【保存版】集客力を強化する!BtoBサイト改善の4ステップ

1. どのようなキーワードで集客できているのか?

<目的>

どのようなキーワードで集客できているのか、現状を把握する。

<作業手順>

クリック数で降順にソートする。

2. サイト内のキーワードは、検索ニーズがあるのか?

<目的>

運営しているサイト内のキーワードはそもそも検索ニーズがあるのか、現状を把握する。

<作業手順>

表示回数で降順にソートする。

<ポイント>

検索結果に表示されることと、実際に集客できていることは違うという点。検索結果に多く表示されても、クリックされる(集客できている)か否かは別問題ということです。

3. サイトの集客力を改善できるキーワードはないか?

上図の「改善★A★」「伸び代★B★」に位置するキーワードに着目します。

改善★A★「掲載順位が10位以内で、その順位の平均CTRよりもCTRが低い」場合

■CTRが低い要因(仮説)
・ 検索した際、検索結果のタイトルを見て、「このページには求めてる情報はない」と判断している
・ 検索した際、検索結果のディスクリプションを見て「このページには求めている情報がない」と判断している

■改善方法
1.そのキーワードで実際に検索します。
・ 【市場視点】そのキーワードで検索するユーザーがどんな情報を求めているか、検索意図を想像する
・ 【競合視点】実際にそのキーワードで検索して、検索上位にあるサイトのタイトル、ディスクリプションを分析にする
・ 【自社視点】市場競合視点を踏まえ、自社がクリックされる理由(強み)を発揮できるタイトル、ディスクリプションを考える。
2.タイトル、ディスクリプションを書き換えます。

伸び代★B★「掲載順位が3位未満、かつ表示回数が多い」場合

検索順位が1~2位であれば、ひとまずは問題ありません。
3位未満であれば、1~2位を目指せる可能性があります。また、検索結果の表示回数が多いということは、そのキーワード自体が検索ニーズがあるということです。

つまり、検索ニーズがある=伸び代があるということです。

■改善方法
1.そのキーワードで実際に検索します。
・ 【市場視点】そのキーワードで検索するユーザーがどんな情報を求めているか、検索意図を想像する
・ 【競合視点】実際にそのキーワードで検索して、検索上位にあるサイトのタイトル、ディスクリプションを分析にする
・ 【自社視点】市場競合視点を踏まえ、自社がクリックされる理由(強み)を発揮できるタイトル、ディスクリプションを考える。

2.コンテンツ、タイトル、ディスクリプションを修正する。

※3位未満としているのは、筆者の感覚値です。サイトによっては5位未満、10位未満・・・と基準を変えた方が良いこともあるかもしれません。

4. 想定外のキーワードで、検索結果に表示されていないか?

上図の「お宝★C★」に位置するキーワードに着目します。

C★お宝★「掲載順位が10位未満かつ表示回数がそこそこあるのに、CTRが高い」場合

掲載順位が低いのにクリックされるということは、知りたい情報が検索上位ページにはないということです。
従って、大化けする可能性が高いため、お宝キーワードと呼んでいます。

■要因(仮説)
・知りたい情報が検索結果の上位ページにはなかった。

・検索結果の上位ページでは、満足できなかった。

・手間と時間をかけてでもその情報が欲しいと求めている。(とにかく情報が欲しいと思うほど悩んでいる)

■改善方法
1.そのキーワードで検索している人が本当に知りたい情報は何か、想像しなおす。

2.そのキーワードで検索したときの検索上位の情報をみて、不足している情報は何かを考える。

3.不足している情報をコンテンツに反映し修正する。または、新規でコンテンツを公開する。

より検索上位に入ることができれば、大幅に流入数を増やすことができます。

サーチコンソールを詳しく勉強したい方向けのおすすめ書籍

できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える 基本と実践 できる100の新法則シリーズ

以上、「【集客力を強化!】サーチコンソールを活用したBtoBサイト改善の4ステップ」の記事を紹介しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事

ご覧頂いた方からのご感想

更新情報をお届けします

更新情報をお届けします

メールアドレスを登録していただくだけで、ブログの更新情報やブログには書かないBtpBマーケティングノウハウをお届けいたします。公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。 (配信頻度は月に1~2回程度です)
 
Facebookで更新情報を受け取る Twitterで更新情報を受け取る
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
// //