【厳選】BtoBのWEBマーケティング初心者必読!おすすめ本11選

BtoBのWEBマーケティング初心者向けおすすめ本
著者

こんにちは、桂川@BtoBマーケター&上級ウェブ解析士です。

BtoBマーケターとして約10年。事業会社でマーケ全般に携わっています。中でもウェブマーケティングに重きをおいていて、成功失敗事例やノウハウを本サイトでたまに公開しています。今回は、初めてウェブマーケティングを勉強するときに役立つ本を全力で紹介します。

こんな方におすすめ

  • 「WEBマーケティングに興味があるけど、何を勉強すれば良いかわからない・・・」(BtoBマーケター)
  • 「WEBマーケティング担当になったけど、何から手を付ければ良いんだろう・・」(ウェブ担当者)

 

私自身も10年前はウェブのことはさっぱりわかりませんでした。でも、「BtoBマーケティング」と「ウェブマーケティング」関連の本を読み漁りながら、とにかく手数を増やして試行錯誤してきました。(今でも、BtoBマーケとウェブマーケ関連の本は発売される度にひと通り目を通しています)

そこで、約10年間の実務経験と読書経験を活かし、知識が身につき実務で使えるおすすめ本を厳選して紹介します。

 

はじめに。BtoBのWEBマーケティングの基本戦略を理解しよう

BtoBのWEBマーケティングを進める上で、多くの商品やサービスに当てはまるのが下記の基本戦略図です。

この基本戦略図は、いかに集客をするか。いかにリード(見込み客)を獲得するか。獲得したリード(見込み客)を案件化するかの3軸で成り立っています。

BtoBのWEBマーケティングを進める場合、この3軸を意識しつつそれぞれのKPIを設定し施策を展開することが始めの1歩です。

BtoBのデジタルマーケティングは3つの軸で考える

では、この基本戦略の軸を頭の片隅に入れながら、おすすめ本をご紹介します。

 

WEBマーケティングの概要を理解する4冊

一言でWEBマーケティングといっても内容は多岐に渡ります。専門用語を理解し、WEB特有の仕組みを勉強し実践の中でPDCAを回していく、そして最終的には経営や組織論に行き着く・・・。これが今のWEBマーケティングです。しかも、新たな領域のため、次から次へと新たなことが出てきます。正直、私も油断をすると置いてけぼりになってしまいます。

そんな多岐に渡るWEBマーケティング、どこから手を付ければよいか迷ったときは、まずは全体像を俯瞰することをおすすめします。

マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦!

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 Webマーケッター瞳の挑戦!

おすすめ度:★★★

この本を読むと:WEBマーケティングの概要がわかる

対象:初心者

著者

まず最初におすすめするのはマンガです(笑)
マンガなのでとにかく読みやすい上に実例も多く、しかもWEBマーケティングの専門用語を抑えることができます。何を隠そう、私自身がこの本に出会ってからWEBマーケティングの道に進みました。

BtoBウェブマーケティングの新しい教科書 営業力を飛躍させる戦略と実践

おすすめ度:★★★

この本を読むと:WEBマーケティングの概要がわかる

対象:初心者

著者
BtoBのウェブマーケティング本は様々な本を読んできましたが、私としてはまさにバイブルといっても言い過ぎではないくらいコンパクトにまとまっています。この本を教科書として手元に置いて、1つ1つ施策を実行していけば間違いなくトップクラスのBtoBマーケティングを展開できるようになると思います。
著者
オイシックスで執行役員をされながら会社経営もされている現役マーケター西井氏の著書。ECサイトよりの内容ですが、BtoBマーケターも読んでおいて損はないです。なぜなら、デジタルマーケティングを進めていくと、BtoB商品であっても通販マーケティングの考え方が非常に重要だということに気づくからです。

 

ウェブ解析士認定試験公式テキスト

改訂版 ウェブ解析士認定試験公式テキスト2020

おすすめ度:★★

この本を読むと:WEBマーケティングを体型立てて学べ、実務で使える

対象:中級者

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲−

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

おすすめ度:★★

この本を読むと:カスタマージャーニーの書き方のヒントが得られる

対象:中級者

著者
リードナーチャリングのシナリオ設計をする際にカスタマージャーニーのような考え方で可視化をしていくと、適切なシナリオを作りやすくなります。本書は、カスタマージャーニーの書き方のヒントを得られる1冊です。

 

大型商談を成約に導く「SPIN」営業術

おすすめ度:★★★

この本を読むと:100万円以上の商材の商談テクニックから、WEBマーケティングに活かすヒントがわかる

対象:中級者〜上級者

著者
約10年前の本ですが、BtoBに多い大型商談のセールステクニックの本質とノウハウが具体的に書かれている良書です。セールス・プログラムは23カ国で展開され、マイクロソフト、IBM、GEその他、
フォーチュン500社の半数以上で採用されているテクニック。
本書で記述されている「状況質問(Situation)」、「問題質問(Problem)」、「示唆(Implication)」、「解決(Need payoff)」のサイクルはWEBマーケティングのリード育成や商談化の施策のヒントが得られます。

 

隠れたキーマンを探せ! データが解明した 最新B2B営業法

おすすめ度:★★★

この本を読むと:BtoBの営業活動、特に大企業の攻略で「買い手組織の課題を解決し成功に導く」アプローチ手法がわかる

対象:中級者〜上級者

著者
企業の購買時の意思決定の仕組みを解説し、意思決定者を分類。
そのうえで、意思決定者に働きかけるアクションを解説している良書。
BtoBの営業経験者は気づいていると思いますが、B2Bにおける購買プロセスは複雑化し、クライアント側の意思決定に関与する人数は増えています。(平均5.4人が関与)
私自身も大企業に所属し、自社で複数部門が購買の意思決定に関わる場面に何度となく関わってきていますが、さまざまな部門に思惑が出てきます。本書で述べられている意思決定のアプローチを理解するとWEBマーケティングで何をすべきか、打ち手の幅が確実に広がります。

 

 

リスティング

・LISKUL(https://liskul.com/

・Unyoo.jp(http://unyoo.jp/

SEO・コンテンツマーケティング

・バズ部(https://bazubu.com/

BtoBマーケティング全般

BtoBのWEBマーケティング、おすすめ本のまとめ

BtoBのWEBマーケティングの本はここ数年で非常に増えてきました。本記事で紹介した本はいずれも良書だと自信を持っておすすめします。BtoBのWEBマーケティングを成功に導くガイドとなってくれるでしょう。

 

新着記事、BtoBマーケティングのトレンド、ブログ未公開ネタをお届けします。

※配信は月に1回程度、いつでも配信解除できます。

プライバシーポリシー | メルマガサンプル

BtoBのWEBマーケティング初心者向けおすすめ本
応援いただけると嬉しいです!