「あたらしいWebマーケティングの教科書」を読んでみた

西俊明さんの「最小の手間で最大の効果を生む!あたらしいWebマーケティングの教科書」を読み、気付かされる点があったのでメモがてら記します。

 

USPの伝え方に必要なのは「物語」

USP=強み、と考えて、ただ淡々と「あなたの会社のできること」を列挙しても顧客の心を掴むことはできません。顧客の心を掴むためには、USPを「技術(ノウハウ)」「実績」「想い」の3つに分解し、顧客の心の中で物語として共感を生ませることが必要です。

(西俊明著『最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書  』 より)

USPを考えるときに、USPを読んで字のごとく、

Unique … 独自の特長

Selling … 売り=強み

Proposition … 価値、メリット

と、3C分析などをしながら考えていました。

 

しかしながら、この本ではUSPを下記の3つに分解していました。

技術(ノウハウ) … 実績・経験をとおして、現在どのような技術やノウハウを持っているか?

実績・経験 … 過去にあなたは何をやってきたか、何を成し遂げてきたか?

想い … どのような気持ちで取り組んできたか、その結果、どのような将来(ビジョン)を考えているのか?

(西俊明著『最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書  』 より)

 

USPを引き出すための魔法の質問

西さんの著書には下記の記載があります。

①あなたには、どのような経験・実績がありますか?(実績の抽出)

②どうして御社のお客様は、御社を選んだのだと思いますか?(総合的な質問)

③あなたが仕事をしていて、もっとも楽しいときはどんなときですか?(想い)

④あなたが仕事をする上で、「ここだけは譲れない」というものは何ですか?(想い)

⑤あなたの会社は、お客様にどう思われているでしょうか?良い点、悪い点を挙げてください。(総合)

⑥あなたの商品・サービスについて、競合他社に比べて「ここだけは負けない」というものは何でしょうか?(技術)

⑦あなたの会社のファン(リピーター・優良顧客)を、ひとことでいうと、どんな特徴がありますか?(総合)

⑧お客様に言われてもっとも嬉しかった言葉は何ですか?(総合)

⑨あなたはどうして現在の仕事を始めようと思ったのですか?(総合)

(西俊明著『最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書  』 より)

この9つの質問の回答を整理すると、魅力的な活きたUSP(選ばれる理由)になります。このUSPをウェブサイトに落としこむと、「初めての方へ」⇒「選ばれる理由」⇒「商品・サービスの紹介」⇒・・・と、綺麗な一本の導線ができます。

USPの作り方やウェブサイトの立ち位置など、詳細なテクニックや事例は西さんの著書を読むとよくわかります。

 

心に残ったため、メモがてら記載しました。引用が多くて申し訳ないのですが。。

自分が関わる商材のこと、もう一度振り返ってみることにします。

 

関連書籍

本の内容自体は、Webマーケティング初心者向けです。Webマーケティングって何だろう?Webマーケティングをやってみたいけど何から始めたら良いかわからないとぼんやりされている方にお勧めです。

新着記事、BtoBマーケティングのトレンド、ブログ未公開ネタをお届けします。

※配信は月に1回程度、いつでも配信解除できます。

プライバシーポリシー | メルマガサンプル

応援いただけると嬉しいです!