BtoBtoCとBtoBとBtoCの違いを考える上で、忘れてはならないたった1つのこと

BtoBとBtoBtoCとBtoCの違いを考える上で忘れてはならないたった1つのこと

BtoB(B2B)のマーケティングは難しい。

BtoBの商品の開発/マーケティングに携わる方なら、誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

難しいと悩み、迷うのは当たり前です。
それは、BtoBとBtoBtoCとBtoCで絶対的に違うたった一つのことがあるからです。

「製品開発者は、消費者になれない」

「マーケティング担当者も消費者になれない」

そこで、BtoCとBtoBtoCとBtoBの違いを整理します。

BtoC(B2C)のマーケティング

BtoCとは「Business to Consumer」の略。

お菓子や飲料などのコンビニで売られている商品、携帯電話やLED電球などの家電量販店で売られている商品、車などの耐久消費財・・・
これらのBtoCにカテゴライズされる商品は、開発者やマーケティング担当者が自ら消費者として使用することができます。

 

BtoBtoC(B2B2C)のマーケティング

BtoBtoCとは「Business to Business to Consumer」の略。

例えば、何かしらのモノやサービスとして最終消費者が触れるもの・・・

これらのBtoBtoCにカテゴライズされる商品も、開発者やマーケティング担当者が消費者の気持ちを理解しようとすれば、わからないことはないです。

 

BtoB(B2B)のマーケティング

BtoBとは「Business to Business」の略。

BtoBにカテゴライズされるものは、得てして自分が最終消費者にはなれません。だから、その商品を使用して実際にどうやって使われているのか、課題は何なのかが明確にはわからないのです。

だからこそ、
製品開発者/マーケティング担当者は、最終消費者の現場へ足を運び、膝を突き合わせて声を聞くことが重要です。

BtoBの場合は「ヒントは現場にある」わけではありません。
「ヒントは現場にしかないのです。

これができている企業とできていない企業の製品スペックと、商品マーケティング力の差は歴然としています。

自分が所属する会社は、BtoC商品もBtoBtoC商品もBtoB商品も扱っている関係上、この大原則がブレることがありますので備忘録として書き残しておきます。

BtoBtoCのマーケティングを学ぶおすすめ本

BtoB、BtoC、BtoBtoCにおけるマーケティング戦略の違いとは

こちらの記事もおすすめです。

関連記事

BtoBかBtoCかBtoBtoCかの議論がはびこりつつある。「BtoBとBtoCのマーケティングは違う!」と。確かに、一般的なBtoBとBtoCのマーケティングには違いがある。例えば、BtoBとBtoCの違いで往々[…]

 

以上、「BtoBとBtoBtoCとBtoCの違いを考える上で、忘れてはならないたった1つのこと」をご紹介しました。

新着記事、BtoBマーケティングのトレンド、ブログ未公開ネタをメールでお届けします。

※配信は月に1回程度、いつでも配信解除できます。

プライバシーポリシー | メルマガサンプル

BtoBとBtoBtoCとBtoCの違いを考える上で忘れてはならないたった1つのこと
応援いただけると嬉しいです!