Article(記事・著者名)ページを構造化データでマークアップする方法

Article(記事・著者名)を構造化データでマークアップする方法

構造化データのマークアップによるWebサイトのリッチリザルト表示が進んでいます。構造化データのマークアップは最近ではBtoB向けWebサイトでも実装されています。

そこで本記事では、「Article(記事・著者名)」の構造化データのメリットや実装手順について解説します。

※ FAQ(よくある質問)の構造化データのマークアップ方法が気になる方はこちら

動画の構造化データのマークアップ方法が気になる方はこちら

 

 

構造化データでマークアップするってなに?

構造化データとは、HTMLページの情報を検索エンジンが理解しやすいように、検索エンジンが理解できる言葉でタグづけしたもののこと。専門用語では、理解できる言葉のことを「記述方法」、タグづけのことを「マークアップ」といいます。

Googleの検索エンジンは、構造化データがあると、該当ページをより正確に理解できます。Googleがサポートしている記述方法は3種類あり、GoogleはJSON-LDの使用を推奨しています。

  • JSON-LD(ジェイソン・エルディー)
  • microdata
  • RDFa

※ 参考:構造化データの仕組みについて|Google検索セントラル

Article(記事・著者名)を構造化データで実装するメリット

記事・著者名の構造化データを実装するメリットは2つあります。

1. 検索エンジン(クローラー)がページ情報を理解しやすくなる

クローラーがサイトの内容を理解すると、関連性がある場合に表示されやすくなったり、Googleアシスタントなどさまざまな検索機能の対象になったりします。

 

2. 著者名の構造化は、Googleが掲げる「E-A-T」を高める可能性がある

著者名の構造化データを記載することによるSEO効果は未知数です。他方で、Googleは検索エンジンの評価指標として「E-A-T」を掲げています。

  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

著者名を構造化データで明示することで、この3つを高める可能性があります。

特に、医療などのE-A-Tが重視されやすい傾向があるYMYL領域に関する記事は、実装した方が無難です。

※ 構造化データのマークアップはSEOの順位に直接的な影響を与えません。あくまでも検索結果表示の見え方が変わるのみ、順位向上にはつながりません

構造化データの種類は30種類以上

Googleで規定されている構造化データ(リッチリザルト)の種類は30種類以上。

よくある質問(FAQ)の他にも、BtoBで使われやすいものは5つあります。

  • パンくずリスト
    • 該当ページがWebサイトのどこに位置するかを示すことができる
  • よくある質問(FAQ)
    • 特定のトピックに関する質問と回答の一覧を掲載できる
  • Article(記事・著者名)
    • サムネイルより大きな画像を添えた見出しテキストなど、トップニュースのカルーセルやリッチリザルトの機能で表示される
  • Event
    • 展示会やセミナーなどのイベントをリスト表示することができる
  • ハウツー(How-to)
    • 一連のステップを順を追って説明するもの。動画、画像、テキストを利用可能
  • Video(動画)
    • 検索結果に表示される動画情報。動画の再生、動画セグメントの指定、コンテンツのライブストリームもできる

その他の種類は、Google検索セントラル内の検索ギャラリーを見るで確認できます。

【コピペできるJSON-LDサンプルコード付】Articleを構造化データで実装する方法と注意点、TIPS

Article(記事・著者名)の構造化データ実装方法について解説します。

Googleが推奨しているJSON-LDでのサンプルコードを用意しました。このコードをコピーしてQAを埋めると完成します。

JSON-LDでのマークアップ方法(著者が個人名の場合・非AMP)

<script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "Article",
      "mainEntityOfPage": "記事ページの正規URL",
      "headline": "記事ページのタイトル",
      "description": "記事ページのディスクリプション",
      "image": [
        "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
       ],
      "datePublished": "2015-02-05T08:00:00+08:00",
      "dateModified": "2015-02-05T09:20:00+08:00",
      "author": [{
          "@type": "Person",
          "name": "著者名",
          "url": "著者のプロフィールURLまたは著者の公式サイトURL"
        }]
    }
 </script>

※ 最後の” } “の後には” , “が要りません。よくある間違いなので気をつけましょう

JSON-LDでのマークアップ方法(著者が組織名の場合・非AMP)

<script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "Article",
      "mainEntityOfPage": "記事ページの正規URL",
      "headline": "記事ページのタイトル",
      "description": "記事ページのディスクリプション",
      "image": [
        "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
        "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
       ],
      "datePublished": "2015-02-05T08:00:00+08:00",
      "dateModified": "2015-02-05T09:20:00+08:00",
      "author": [{
          "@type": "Organization",
          "name": "組織名",
          "url": "公式サイトのURL"
        }]
    }
 </script>

※ 最後の” } “の後には” , “が要りません。よくある間違いなので気をつけましょう

 

おもな項目をかんたんに解説

Article構造化データ(非AMPの場合)

項目必須・任意説明備考
title任意記事のタイトル
description任意記事の説明
mainEntityOfPage任意記事ページの正規URL
headline推奨記事の見出し半角110文字(全角55文字)を超えないように
dateModified推奨記事が最後に更新された日時「ISO 8601 形式」のフォーマットで記載します
YYYY-MM-DDThh:mm:ss+09:00
datePublished推奨記事の公開日時「ISO 8601 形式」のフォーマットで記載します
YYYY-MM-DDThh:mm:ss+09:00
author推奨記事の著者Person または Organization
author.name推奨記事の著者または組織の名前例:個人名
例:◯◯編集部
author.url推奨記事の著者のWebサイトURLソーシャルメディアのプロフィールページ、略歴ページ、組織の公式サイトなど
image推奨記事を表す画像のURL最大で3つ
適切な画像が選択されるようにするために、アスペクト比が 16×9、4×3、1×1 の高解像度画像(幅と高さをかけて 300,000 ピクセル以上の画像)を指定

 

コードを実装したら公開前に検証しよう

FAQ構造化データのリッチリザルトテスト

マークアップしたら、公開前にGoogle公式「リッチリザルトテスト」で検証しましょう。

Articleの該当コードだけを貼り付け、[コードをテスト]をクリックしてテストできます。エラーが出たら修正します。

 

公開後に構造化データをチェックする方法

以下のサイトで、記事のURLを入力して確認できます。

https://validator.schema.org/

構造化データのチェックサイト

 

著者欄の事例(BtoB編)

記事ページの著者欄をいくつかピックアップしました。著者欄の記載方法の参考にしてください。

著者情報の記載事例1
https://www.kaonavi.jp/dictionary/okr/
著者情報の記載事例2
https://biz.moneyforward.com/invoice/basic/48071/
著者情報の記載事例3
https://sairu.co.jp/doernote/282
著者情報の記載事例4
https://mieru-ca.com/blog/seo-measures/
著者情報の記載事例5
https://www.bizclip.ntt-west.co.jp/articles/bcl00149-010.html
著者情報の記載事例6
https://www.carely.jp/company-care/prelonged-work-caused-by-10points/
著者情報の記載事例7
https://anagrams.jp/blog/basic-knowledge-of-twitter-ads/

 

よくある質問

Q. 著者名の構造化データを実装すると、SEOで順位向上に繋がりますか?
A. 構造化データ自体は一般的に、ランキング向上につながる要素ではありません。他方で、Googleは検索エンジンの評価指標として「E-A-T」を掲げています。従って、著者名を構造化データで明示することで、「E-A-T」を高める可能性はあると考えています。特に、医療などのYMYL領域に関する記事は、E-A-Tが重視されやすい傾向があるため、実装した方が無難です。
Q. 制作会社に実装を依頼する場合、どのように指示すればよいですか?
A. 次のような文言でご依頼ください。
「記事ページは、Articleの構造化データ(JSON-LD)でも実装してください」
Q. マークアップしても検索結果に表示されないことはありますか?
A. Articleの構造化データは100%表示されるわけではありません。その他、違反やマークアップミスがなくても表示されるか否かはGoogleが判断するのでアンコントローラブルです。
※参考 :構造化データに関する一般的なガイドライン

まとめ

Article(記事・著者名)の構造化データ(JSON-LD)でのマークアップ方法、メリットや注意点を解説しました。BtoBにおいても、コラム記事を作成する場合には、構造化データでのマークアップをおすすめします。

コラム記事を効率的に書くためのテンプレートや記事コンテンツのSEOを成功させる方法もまとめているのでご一読ください。

▶︎ 【コラム記事作成テンプレート】BtoBオウンドメディアの記事作成を効率化!

▶︎ BtoBで記事コンテンツのSEOを成功させる方法

新着記事、BtoBマーケティングのトレンド、ブログ未公開ネタをお届けします。

※配信は月に1回程度、いつでも配信解除できます。

プライバシーポリシー | メルマガサンプル

Article(記事・著者名)を構造化データでマークアップする方法
BtoBマーケのお役立ち情報、気づきを発信しています