【事例】BtoBのWebマーケティングの実務 2013年を振り返って・・・

btobのwebマーケティングの実務2013

私が担当しているBtoB商材の製品サイトで実際に行った結果を経験談とともにメモ書きとして残しています。

以前(2012年11月)のブログでは、2012年のSEO対策の取り組みを振り返りました。

【事例】SEO対策の実務(vol.4) | SEO対策から1年・・・

今回は今年の取り組みと成果を振り返ってみます。

スポンサーリンク

製品属性 – 特殊業界向けのニッチなBtoB製品 –

▶対象サイト:BtoB製品の製品情報サイト(特殊業界向けのニッチ製品)

▶Webマーケティングの目的:顕在顧客の確実な取り込み

▶施策期間:2013年1月~2013年11月

▶予算:非公開
[adsense]

Webマーケティングの実務スケジュール

実を言うと、2013年は多忙を極めあまり手をつけることができませんでした。

2013年は、昨年行ったSEO対策に一定の成果が出て安定している状態のため、コンテンツのブラッシュアップを中心に多少取り組んだ程度です。

  • リスティング広告のブラッシュアップ(不定期)
  • リスティング広告の費用増額(2013年1月〜8月のみ。9月以降は2012年レベルに減額)
  • 製品サイト内のコンテンツ見直し(レイアウト更新、動画コンテンツ追加など)
  • キャンペーン対象顧客の追加(2013年5月〜9月)

Webマーケティングの結果

製品サイトへの来訪元別トラフィック(11年11月〜13年11月)

トラフィックサマリーEE
緩やかに右肩上がりになっています。
(2012年10,11月にノーリファラー数が突出しているのは異常値です)

来訪元別の伸び率

全体の傾向としては、

  • 11年〜12年は、SEO対策に初めて取り組んだ結果、各チャネルとも大幅な伸びを示した。
  • 12年〜13年は、有料のリスティング広告費用を抑えつつ自然検索と参照サイトからの集客を増加することができた。
  • ここでは掲載できないが、Webマーケティングを行う上で指標としているコンバージョン数も増加した。
  • 13年の中では5月頃をピークに参照サイト以外からの集客数は現状維持または下降気味にある。

2013年の総括と今後に向けて・・・

上述しましたが、2013年は別件で多忙を極めあまり手をつけることができませんでした。

施策のほとんどが5月頃までに行ったものであり、6月以降は微修正を除くとほぼほぼ放置状態でした。

今年の結果は恐らく12年の施策の成果に頼っているものが多いと感じています。

逆に捉えると、BtoBのニッチ商材の場合、コンテンツや過去の施策であっても良質なものは中長期に渡り効果を発揮するのではないかと考えています。

従って、2014年は「なぜ、顧客に選ばれるのか」を念頭に、コンテンツ公開や広告宣伝などの各種施策を行っていきたいと考えています。
[adsense]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT