BtoB企業にとってリスティング広告は最高のマーケティングツールと感じるたった2つの理由

BtoB企業にとってリスティング広告は最高のマーケティングツールと感じるたった2つの理由

私は、BtoB製品の企画部門に所属しマーケティング全般を担当しています。

日々、様々なマーケティング施策を行っていますが、戦略や施策を検討展開する上で役立っているツールがあります。

それは、
リスティング広告(検索連動型広告)+GoogleAnalytics(アクセス解析ツール)』の組み合わせの活用です。
リスティング広告の結果をGoogleAnalyticsで分析し、全社的なマーケティング戦略に活かしています。

ではまず、リスティング広告が最高のマーケティングツールと感じている理由から。
[adsense]

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク

リスティング広告は最高のマーケティングツールであるたった2つの理由

1.PDCAを回しやすい
媒体広告やチラシなどで広告文を必死に考えても、効果検証が不十分になりがちではないか。リスティングのメリットの1つは、出稿キーワードや広告文を即座に変えることができる点である。

効果検証と改善をぐるぐる回すことでコピーライティングをブラッシュアップできる。また、チラシやカタログや提案書のブラッシュアップにも使える。

2.お客様が何を求めているのかわかる
BtoB製品はお客様の潜在的なニーズに気付き難い特長があり、マーケティングを難しくしている。
リスティングのメリットの1つに、見えないお客様の声(ニーズ)が見えるようになる点がある。一般的なサイトは、顕在層のユーザーしか集客できない。

リスティングの場合、出稿キーワードを「検討層、顕在層、潜在層」に幅広く展開することで潜在層のお客様の声(ニーズ)を聞くことができる。
従って、潜在需要のあるキーワードを参考にホームページの改善につなげることができる。また、市場ニーズの把握をすることができ次期製品への参考にもなる。

GoogleAnalyticsと連動することで効果絶大

前述のリスティングだけでもマーケティングツールとして使えるが、リスティング広告を検索経由の誘導やコンバージョンアップのための施策だけで使うのはもったいない。マーケティングデータとして活用することで、リスティング広告はより有益なマーケティングツールとなると感じている。

リスティング広告自体はWeb広告の手法の1つに過ぎないが、GoogleAnalyticsなどのWebアクセス解析ツールを組み合わせることで、最高のマーケティングツールに変貌する。

具体的には、GoogleAnalyticsでどのリスティング出稿キーワードが「コンバージョンにつながったか…」「滞在時間が長かったか…」「コンバージョンに貢献しているか…」などの分析を深めることだ。

まとめ

BtoB製品はリスティング広告の費用対効果がわかりにくいという意見もあります。単純にリスティングのクリック数だけを見てはいけないと思います。また、アクセス解析ツールと連動させてコンバージョンに至った数だけで一喜一憂してもいけません。
リスティング広告は、表面的な数字だけで費用対効果を算出するのではなく、あらゆる視点から見て活用していくべきだと考えています。
(念のため伝えておきますが、私はリスティング団体とは関係ありません。斡旋しているわけでもありません。自社のBtoB製品を扱うマーケティング担当者としての意見です)

ご紹介(広告文のブラッシュアップをお考えの方に…)

私がコピーライティングの参考にしているバイブル書です。
本書は、アメリカ広告業界で広告テストを繰り返し効果を検証することで「科学的広告」を広め殿堂入りした伝説的コピーライターの著書。
80年程前から読み継がれてきた古典的な本ですが、コピーライティングの本質は全く変わっていません。インターネットビジネスを展開する現代だからこそ読んでおきたい一冊です。

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則
ジョン・ケープルズ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,963


[adsense]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT