「重点対策キーワード抽出ツール」の使い方

重点対策キーワード抽出ツールサーチコンソール版の使い方

重点対策キーワード抽出ツール(サーチコンソール版)の使い方をご紹介します。

重点対策キーワード抽出ツールってなに?という方はこちらの記事をご確認ください。

SEO対策すべきキーワードを簡単に見える化できる!【重点対策キーワード抽出ツール サーチコンソール版】
集客力を強化できるGoogleサーチコンソール。 このデータを活用していますか? 筆者の所感では、活用している人ってほん...

スポンサーリンク

ツールの使い方「事前準備編」

  1. サーチコンソール画面を開く。
  2. ステータスメニューの「検索パフォーマンス」をクリックする。
  3. 検索タイプ:ウェブ」「日付:過去3か月間」とする。
    正確な分析を行うために、日付は過去3か月間より長くすることをおすすめします。
  4. 平均CTR」「平均掲載順位」をクリックし選択状態にする。
  5. “Googleスプレッドシート”または”CSVをダウンロード”」をクリックし、ファイルをダウンロードする。
CSVファイルでダウンロードする場合、Excelで直接開くと文字化けするため、一旦メモ帳で開いて何もせずに上書き保存してから、Excelで開くようにしてください。

サーチコンソールの使い方1

ツールの使い方「データ入力編」

SEO重点対策キーワード抽出ツール_サーチコンソール版2

  1. 重点対策キーワード抽出ツール(Excel)を開く。
  2. [入力シート]内の1~3を入力する。
  3. 上記の事前準備編でダウンロードしたサーチコンソールのCSVファイルを開き、入力されているセルをコピーする。
  4. [入力シート]内の4番、B-27セル以降に3でコピーしたデータを、「値を貼り付け」で貼り付ける
  5. 「分析スタート」ボタンをクリックする。

ツールの使い方「分析手法編」

注目すべき箇所は下記のオレンジ色の部分です。

掲載順位とクリック率のマトリクス-サーチコンソール-

掲載順位と表示回数のマトリクス-サーチコンソール-

この4象限を踏まえて、下記4点に着目すると重点対策しなければならないキーワードを抽出できます。

1. どのようなキーワードで集客できているのか?

<目的>

どのようなキーワードで集客できているのか、現状を把握する。

<作業手順>

クリック数で降順にソートする。

2. サイト内のキーワードは、検索ニーズがあるのか?

<目的>

運営しているサイト内のキーワードはそもそも検索ニーズがあるのか、現状を把握する。

<作業手順>

表示回数で降順にソートする。

<ポイント>

検索結果に表示されることと、実際に集客できていることは違うという点。検索結果に多く表示されても、クリックされる(集客できている)か否かは別問題ということです。

3. サイトの集客力を改善できるキーワードはないか?

<目的>

1000個のクエリから優先して対策すべきキーワードを抽出します。

<作業手順>

  1. [分析シート]シート内、「指名検索ワード」列で「空白」セルのみを選択する。
  2. 「優先フラグ」列で「●」のみを選択する。
    ※●がついた行が20個程度になるよう、K7セルのパーセンテージを増減してください。

4. 想定外のキーワードで集客できていないか?(まだ気づいていないお宝キーワードはないか?)

<目的>

大幅に集客力を強化できるお宝キーワードを抽出します。

<作業手順>

[分析シート]シート内、「お宝キーワード判定」列で「お宝キーワード」セルのみを選択する。

改善方法は、重点対策キーワード抽出ツール(Excel)のシートに記載しているので目を通していただけますと幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ご覧頂いた方からのご感想

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT