WEBマーケティング初心者なら覚えておきたい、ウェブ解析の一般的な平均値

GoogleAnalyticsなどのアクセス解析ツールでの分析を始めた頃、わからないことの1つに「この数値は適切なのか、問題があるのか」という疑問がありました。

実際に、代理店に報告会を開催していただくと上記質問を投げていた自分を覚えています。自社事業サイトのアクセス解析しか見ていないから、判断基準を持てていなかったのです。

企業のWeb担当者はまだしも、事業の片手間のWeb担当の方は一般的な基準値を知らない方も多いと思います。ECサイト・ブログ・製品サイト・BtoB・BtoCなどのサイト特性によって数値は前後しますが、ウェブアクセス解析には一般的な「平均値」が存在します。

今回、上級ウェブ解析士を取得する過程で、参考本やブログなど様々な情報と自らの実体験を元にウェブアクセス解析の一般的な「平均値」を下記表にまとめました。

まずは一般的な「平均値」を把握した上で、自社サイトの数値と照らし合わせてサイト改善の判断材料にしていただければ幸いです。
[adsense]

blog_import_51ea2fcb968bb

※表の平均値は、2012年12月現在のデータです。スマホ/タブレットなどのモバイル端末からのアクセス数は軽微という前提のデータであることご了承ください。 

ちなみに、私が関わっているBtoB製品サイト(3種)は、いづれも上記の基準値にほぼ当てはまっています。

[adsense]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT