【リスティング広告】サイトリンク機能の概要とメリット

【リスティング広告】サイトリンク機能の概要とメリット

現在、BtoBのWebマーケティングを業務の傍らでインハウスで行っています。

継続して行っているリスティング広告で、サイトリンク(クイックリンク)オプションを実施することになりました。そこで、頭の整理を兼ねて下記にまとめました。実際の検証結果はまた後日にでもまとめたいと思います。

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク

サイトリンク(クイックリンク)とは

リスティング広告を目立たせることができる機能。通常の広告タイトル、説明文、リンク先URLの下部に異なるリンク先を設定することができる。

※ 正式名称はGoogle AdWordsでは「サイトリンク」。Yahoo!スポンサードサーチでは「クイックリンク」。

【リスティング広告】サイトリンクとクイックリンクの違いと導入メリット

サイトリンク(クイックリンク)のメリット

  • 広告スペースが広がり視認性が高まる。
  • 戦略的に目的のページへ誘導できる。
  • 広告上でアピールできる点が増える。
  • クリック率が上昇し品質スコアが上がることで上位表示されやすくなる。

上手く活用できれば集客力の向上につながります。


[adsense]

サイトリンクとクイックリンクの概要

【リスティング広告】サイトリンクとクイックリンクの違い

※ この比較表は2013年11月15日現在のものです。最新の情報は、下記参考サイト欄の広告掲載ガイドラインでご確認ください。

参考サイト

サイトリンクとクイックリンクの広告掲載ガイドライン

サイトリンクとクイックリンクの概要と登録方法

次回は、サイトリンク(クイックリンク)の活用方法についてBtoBの視点から考察していきます。また、折りをみて運用実績も公開する予定です。


[adsense]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT