【保存版・比較表付】NW-7,ITF,Code39,QR等に対応したバーコードリーダーアプリ4選

QRコードを読めるアプリは無数に存在するのですが、NW-7やITFなど特定用途のバーコードを読み取るアプリは意外に少ないのです。
そこで、QRコードおよびQRコード以外のバーコードに対応したiPhoneアプリのバーコードリーダーを比較検討しました。
有償無償を問わず、お勧めのアプリを4つほどご紹介します。

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク

バーコードリーダーアプリ比較 対応バーコード一覧(iPhone/iPad向け)

バーコードリーダーアプリ比較表
※ 上図は2018年8月16日現在、筆者調べによる。

各バーコードリーダーアプリの特徴

Qrafter – QRコードとバーコードの読み取りと作成アプリ

qrafterバーコードリーダーiphoneアプリ

バーコードリーダーアプリQrafter

複数バーコードを一括スキャン可能です。有料版ではバーコード作成もできます。

Qrafter – QRコードとバーコードの読み取りと作成アプリ – Kerem Erkan

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_120x36_0906

公式QRコードリーダー”Q”

公式QRコードリーダー”Q”

QRコードの生みの親であるデンソーウェーブが開発したアプリのため、読み取り速度が異常に速く、読み取り精度も他のQRコード読み取りアプリとは比較になりません。「小さいQRコード」や「細かいQRコード」も読むことができます。

恐らく、このアプリで読めないQRコードがあるとしたら、他のQRコード読み取りアプリでは絶対に読めないと思うくらいの速度と精度です。

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_120x36_0906

Code Scanner

codescannerバーコードリーダーiphoneアプリ

バーコードリーダーアプリCodeScanner

リアルタイムで連続読み込みが可能です。
※アプリの特徴詳細はcodescannerサイトへ

CodeScanner – feedtailor Inc.

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_120x36_0906

mobiscan 仕事で使えるバーコードリーダー

mobiscanバーコードリーダーiphoneアプリ

バーコードリーダーアプリmobiscan

ハードウエアのバーコードリーダーのような操作性になっています。

例えば、ボタンを押すとリーダーが機能するため、意図しないバーコードの読み取りを防ぐことができます。

<特長>
1.リアルタイム連続スキャン
2.CSV形式でメール転送可能
3.多種バーコードに対応

仕事で使えるバーコードリーダー&QRコードスキャナーアプリ(JAN, ISBN, Code39, Code128, Codabar, GS1, QRCode, 読み取りに対応)- mobiscan – Link4

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_120x36_0906

【まとめ】使い易いバーコードリーダーはどれ?

それぞれのアプリに特長があるため、用途や課題に応じて選んでいただくことが一番良いです。QRコードなら、デンソーウェーブ製の”Q”一択。有料ならハードウエアのバーコードリーダーの操作性に似て使いやすい、かつ多種バーコードに対応している「mobiscan」をお勧めします。

mobiscanはインストールしないと使い勝手がわからないのが残念ですが 、バーコードを読む機会が多い方は一度このボタンを押さないと読み取りが始まらない操作性を体感すると離れられない気がします。

【ご参考】バーコードフォーマット別の利用例

  • 市販商品コード、店内独自の商品コード、POSシステム、棚卸・在庫管理(JAN、GS1 Databar(RSS)、GS1 Databar Expanded)
  • 宅配便伝票、図書管理、会員カード、書留郵便の管理(NW-7 Codabar)
  • 書籍コード(ISBN)
  • 新雑誌コード(JANアドオン5)
  • 物流コード(Interleaved 2 of 5/ITF)
  • 業務・生産管理システムとの連携(Code39, Code128)

以上、「【保存版・比較表付】NW-7,ITF,Code39,QR等に対応したバーコードリーダーアプリ4選」をご紹介しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
関連記事

ご覧頂いた方からのご感想

更新情報をお届けします

更新情報をお届けします

メールアドレスを登録していただくだけで、ブログの更新情報やブログには書かないBtpBマーケティングノウハウをお届けいたします。公式Facebookページ、Twitterでも受け取れます。 (配信頻度は月に1~2回程度です)
 
Facebookで更新情報を受け取る Twitterで更新情報を受け取る
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT