野球が好きでビジネスにおいてイノベーション志向な方にお勧めの一冊「マネーボール」

2011年に映画化されブラッドピット主演で話題にもなったメジャーリーグの真実の物語。

ストーリー概要

選手からフロントに転身し、貧乏球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーン。
ある時、統計学を応用したデータ重視の球団運営論に出会い、貧乏球団が勝つための突破口を見出し、後に”マネーボール理論”と呼ばれる戦略を実践しメジャーリーグ内に奇跡を起こしていく。

所感

「なぜ、貧乏球団が3分の1の予算で巨大球団と同等の成績を収めることができるのか?」
本書は、このシンプルな問いからスタートします。

野手の評価は、打率・打点・本塁打数に盗塁数。
投手の評価は、勝ち数・防御率・・・。
従来から当たり前のように感じていた評価の指標に疑問を呈し、統計学やデータを駆使して全く新しい価値観を見出し成果を上げていきます。

私も高校まで野球をしていました。
打順は1番でしたが、ヒットはあまり打てませんでした(苦笑)
しかしながら、四死球を選ぶことだけは異常に長けていました。ボール球は振らない、際どいコースに来る球を審判にボールと言わせる技術、2試合に1回は必ず死球を受ける身体を張ったアタリ屋(^^; ←ワザとではないです など。
自分のスタイルも角度を変えれば評価の一つだったことに改めて気付かされた1冊です。

また、従来の価値観や常識を、本質の部分まで見直し考えてみることの大切さがよくわかりました。

野球が好きで、ビジネスにおけるイノベーションを志向する人にとっては面白い一冊です。

マイケル・ルイス
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 2124

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT