画像の背景を透明にしたい!PowerPointで簡単に画像の背景を透過する方法

ウェブやビジネス文書で画像の背景を透明にしたいことがあります。
今回はPowerPointで画像の背景を透過する方法をまとめました。

スポンサーリンク

Powerpoint2013の場合

背景が複雑な画像なら「背景の削除」機能

写真画像など背景の色が複雑な場合に適した機能です。

<手順>

1.PowerPointに画像を貼り付ける。

PowerPoint画像の背景削除1

2.画像をダブルクリックし[画像ツール] の [書式] タブを表示させる。

3.リボンの左端の [背景の削除] ボタンをクリックする。

PowerPoint画像の背景削除2

透明化される部分が紫色で表示されます。透明化したくない部分には、[保持する領域としてマーク] を選択して、その部分をクリックします。逆に透明化したい部分には、[削除する領域としてマーク] を選択して、その部分をクリックします。画面左には適用後のプレビューが表示されます。微調整が終了したら、[変更を保持] をクリックします。

PowerPoint画像の背景削除3

<注意>
背景の削除は、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG)、Adobe Illustrator グラフィックス (AI)、Windows メタファイル形式 (WMF)、ベクター図面ファイル (DRW) などのベクター グラフィックス ファイルでは使用できません。

背景が単色なら「透明色の指定」機能

イラスト画像や背景が単色の画像など、背景の色が単純な場合に適した機能です。

<手順>
1.PowerPointに画像を貼り付ける。

PowerPoint画像の背景を透明に3

2.画像をダブルクリックし[画像ツール] の [書式] タブを表示させる。

3.リボンの左側の [色]-[透過色を指定] ボタンをクリックする。

PowerPoint画像の背景を透明に4

4.透明にしたい場所にマウスをおいてクリックすると、背景が透明になる。

PowerPoint画像の背景を透明に2

PowerPointの画像を透明の背景を維持したまま、画像ファイルで保存する

<手順>
1.画像を選択し、[右クリック]-[図として保存]をクリックする。

透過した画像を保存する2
2.ファイル形式は「PNG」で保存する。

透過した画像を保存する1

以上、「画像の背景を透明にしたい!PowerPointで簡単に画像の背景を透過する方法」をご紹介しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT