iPhoneを格安SIMに乗り換えたら5年で約27万円削減ペースになった

キャリアスマホと格安SIMシミュレーショングラフ

ずっと気になっていた、格安SIM。

キャリアスマホの2年縛りが終わるタイミングで、ついにSIMフリーのiPhoneをAppleのオンラインサイトで購入し、Freetel(フリーテル)の格安SIMに乗り換えました。

格安SIMってどうなんだろうってずっと思っていたけど、約3ヶ月使用して何の不満もない状態です。ちょっとまとめてみます。

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク

iPhoneをキャリアから格安SIMへ乗り換えて気づいた2つのこと

前提

私が使っていたiPhoneの使用状況は下記の通りです。

キャリア…Docomoではない会社

通信量…約6~7GB/月

電話…月に1~2回程度。数分。

月額料金…約7,500~8,000円

で、色々と調べた結果、下記に乗り換えました。

iPhone本体…Appleオンラインサイトで購入。

キャリア…Freetel(フリーテル)のSIMを購入。

コストは5年で約27万円の削減

乗り換え料金が多少発生しますが、iPhone本体のイニシャルコストを入れても、約11ヶ月目でコストが逆転します。そして、5年間で比較すると、約27万円の節約に!

嬉しい誤算は、毎月の通信量が約7GBから約5GBまで減ったこと。Freetelの場合はLINEなどのSNSデータ通信料が0円です。また、SIMの契約自体が定額ではないため、家の中では極力Wi-Fi接続にしたら結果的に通信量を削減できました。

キャリアスマホと格安SIMシミュレーション表

気になる通信速度は?さすがのDocomo回線

格安SIMというと、回線品質が不安になりますが、私は都内~横浜在住ですが以前のキャリアよりも、確実に通信速度が速くなりました。さすがのDocomo回線です。

毎月の通信料金って馬鹿にならないんですよね。。

もっと早く乗り換えておけば良かったって心から思っています。iPhoneユーザーで格安SIMを検討中の方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT