【事例】SEO対策の実務(vol.1) | BtoB商材が内部対策だけで検索結果1位へ。

SEO対策について、私が担当しているBtoB商材の製品サイトで実際に行った結果を経験談とともにメモ書きとして残しておきます。

スポンサーリンク

SEO事例 – オフィス使用用途製品の事例 –

SEO対象サイト:BtoB製品の製品情報サイト(オフィス使用用途の製品)
目的:アクセス数の多いターゲットキーワード3種の上位表示による新規ユーザーの獲得、検索エンジン経由でのアクセスアップ
施策期間:2011年6月~12月
予算:非公開(自社にて対策実施)
SEO対策概要:コンテンツの充実、サイトの内部対策
SEO対象ユーザー層:(当社製品を知らないが)曖昧なカテゴリ検索で情報を入手しようとしている人

SEO対策の実務スケジュール

1.ターゲットキーワードの選定(6月)
2.サイト内部対策(6月)
3.サイトコンテンツの充実(10月)
4. こまめなサイト更新(11-12月)

SEO対策結果 – ターゲットキーワードの掲載順位の推移 –

・メインターゲットキーワード「A、B」 ※仮でA、Bとしています。
6月:4位 →→→ 7月:2,3位 →→→ 11月以降:1位
・サブターゲットキーワード「C、D」 ※仮でC、Dとしています。
6月:20位前後 →→→ 7月:15位前後 →→→ 11月:10位前後 →→→ 1月:10位以内
※ここでは割愛しますが、ターゲットキーワードからのゴール(目標)到達数も大幅に改善しました。

SEO対策の実務 – 実際に行った施策 –

【6月】「ターゲットキーワードの選定」と「簡易的なサイト内部対策」
代理店からのリスティング報告会などを通して、効果は高いが取りこぼしが多いキーワードの目星は立っていました。従いまして、本来であれば時間がかかるはずのターゲットキーワードの選定作業は実質1日程度で固まりました。
<実施したサイト内部対策>
・<meta>タグに簡潔なページの説明とターゲットキーワードを入れる。
・コンテンツのキーワード登場率を適度に上げる。
→5%前後が望ましいとの声もありますが、5%という数字には拘らずに本文テキストが不自然にならない程度に散りばめました。
・画像には<alt>属性で代替テキストを必ず入れる。

<未実施のサイト内部対策>
・<title>タグにキーワードを入れる。→自社のWebコンテンツガイドラインに反するため、手をつけられませんでした。
・<h1><h2>などの見出しタグを適正配置する。→完全ではなかったが、見出しタグの整理は比較的問題はないとの判断により実施しませんでした。
【10月】「スペシャルサイト」の公開
本来は3月に公開する予定でしたが、東日本大震災により延期していた「スペシャルサイト」を公開しました。
このスペシャルサイトが結果的には、自然検索順位を不動の1位にしてくれるサイトとなりました。
行ったことは、ターゲットキーワードを意識したコンテンツの作り込みです。具体的にはキーワード搭乗率を上げたことのみです。
【11-12月】月に2回のサイト更新
代理店から、サイトの更新は大掛かりでなくてよいからこまめにやったほうがいいとアドバイスを受け、月に2回程度の更新を実施しました。

SEO対策の所感 – どんな対策が有効か? –

私はSEO対策のプロではありません。あくまでWebマーケティングの一担当者です。
よって、プロの方からするともっと有効的なやり方があると言われる方もいらっしゃるかもしれませんがご了承ください。
しかしながら、実際のSEO効果として流入増の数字にはっきり現れましたため、かけた費用の価値はあったと考えています。また、SEOの知識やノウハウを蓄積できたことも大きなメリットだと考えています。

どんな対策が有効なのか?

SEO対策は様々な手法が出回っています。中には検索エンジンのロジックが変更されたため、今では効果が少ないと思われる手法も目にします。
では、一製品の製品情報サイトとしては、どこまでの対策ならコンプライアンス上許されるのでしょうか。。
この議論をする前に、検索エンジンが目指しているものを確認したいと思います。
検索エンジンが目指しているものは、当たり前ですが一つしかありません。
それは「利用者が求めている情報を検索結果で上位表示させること」です。
すると、コンプライアンス上許される範囲でのSEO対策とは、「サイトに一貫性がある」ことでしょうか。検索エンジンはロボットですので人が直感で感じる見た目(デザイン)の良さは通じません。従って、重要なことはHTMLのテキストだけを追ってみたときに、強調したい事項がわかり、全体が不自然なく記述されていることです。
具体的には、「タイトル/見出し/本文/画像のalt属性などのテキストに一貫性があること」が重要なんだと、今回のSEO対策の実務にて辿り着いた結論です。

うーん、当たり前のことですね(笑)

参考になる本

SEO関連の本はいろいろと読みましたが、この本はテクニック的なところに走らず、SEO対策の基本がまとまっています。
また、企業のWeb担当者が実際にSEO対策に取り組む上での業務フローを明確に示してくれているため、取り組みやすくなっています。

即実践! SEO対策

posted with amazlet at 12.02.05
藤沢 竜志
技術評論社
売り上げランキング: 166675

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT