BtoBのWEBマーケティングで『解析ツール』を重要視するたった1つの理由

WEBマーケティングに力を入れたいけど、絶対的な時間が不足していて片手間でこなしているWeb担当者は少なくはないと思います。

Webマーケティングを実行できない担当者の愚痴

blog_import_51ea2f1b36aa9 Webマーケティングに力を入れたいけど、会社や上司が認めてくれない
blog_import_51ea2f1b36aa9 Webマーケティングの重要性に会社や上司が気付いていない
blog_import_51ea2f1b36aa9 大企業になればなるほど、組織が複雑に絡み合い動きづらくなり結局実行に移せない

こんな、悶々とした気持ちをお持ちではないでしょうか。
事実、私自身もその一人でした。
自社内にWebチームはいますが、商品事業を担当している私の所属部門とは離れているため詳細な分析やWebマーケティングのアドバイスまで深く関わっていただくことは事実上厳しい状況にありました。
そこで、自分がWebマーケティングに時間を割くことができるように心がけた2つの行動を紹介します。私自身は上司や関連部署に半年間言い続けて、徐々に徐々に洗脳していきました(笑)

Webマーケティングを会社や上司に認めてもらうために必要な2つの視点

  • 数字で視覚化する
  • 情報を発信し続ける

※結局この2つの視点は、Webマーケティングに関わらず自分がやりたい仕事をしていくためには当たり前のことなんですけどね。
ただ、この2つの視点で会社や上司を説得するには「わかりやすさ」が必要になります。

WEBマーケティングで『解析ツール』を重要視するたった1つの理由

  • 客観的な事実に基づくデータがあるため説得しやすい

→組織で働く場合、声が大きい人や役職が上の人の意見が通りがちですが、客観的なデータを使えば少しは対等にコミュニケーションがとれます。
だから、積極的にWEBマーケティングを行いたいけど何から始めればよいかわからないと悩んでいる方は、何はなくともまずは『解析ツール』を導入することをお勧めします。
費用をかけることができないのであれば無料のGoogleAnalyticsでも十分です。『解析ツール』を導入すると、自ずとWEBの効果と課題が見えてくるはずです。
ただし、サイトの目的(ゴール)だけは設定しておいてくださいね。
辿り着くべきゴールがないと道に迷います(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT