MailChimpのステップメールで実現可能なトリガーまとめ

MailChimpのステップメールで実現可能なトリガーまとめ

「MailChimp」は、無料で始めるBtoBマーケティングオートメーション入門と称して、何度か当ブログでも紹介していますが、非常に使いやすいメール配信システムです。

今回は、MailChimpで設定できる実現可能なトリガーをまとめました。

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク

トリガーとは

和訳すると引き金のこと。メール配信を自動化するには、何らかのアクションを起点にする必要があります。例えば、「メールを開封した」「特定のWebページを閲覧した」「商品をカートに入れた」など。

マーケティングオートメーションツールによって、設定できるトリガーはマチマチです。一般的には、設定できるトリガーが高度になればなるほど、ツールの価格も比例して高くなります。MailChimpではできませんが、高機能なマーケティングオートメーションツールでは、「特定のページを閲覧した」「スコアが一定以上になった」などのトリガーを設定することも可能です。

MailChimpで実現可能なオートメーション(トリガー)一覧【BtoBマーケティング視点】

マーケティングオートメーション機能が無料で使えるMailChimp。無料といえど、設定できるトリガーの種類はかなりあります。APIがあるので、カスタムで作り込むこともできますが、ここでは標準で提供されているトリガーを一覧でご紹介します。

MailChimpは、EC関連のトリガーも充実しています。しかしながら、EC関連については私自身がこの機能を触っていないため、理解できておりません。EC関連については、ここでは機能のみご紹介します。

日付を起点に

メールアドレスリスト内の”日付”をトリガーにすることで、誕生日、記念日や特定の日など、年間を通して自動でメール配信することでコミュニケーションを図ることができます。

  • メールアドレス登録時の日付
    メルマガ登録時の日付をトリガーにメールを送れます。初めての方に、必ず見ていただきたいページや情報がある場合に効果的です。活用方法:
    <登録直後のアクション>
    御礼、これから自己紹介を兼ねてお役に立てる情報を3通だけメールを送るなど。1通目はメールアドレス登録直後、2通目は2日後などと、日にちを指定して送ることもできます。

    <特定の日にち経過後のアクション>
    登録してから1年経過後のメールなどを自動化できます。
    ・今のご検討状況はいかがでしょうか。
    ・ご購入いただいた商品は満足に使えていますか。
    ・無償保証が切れますが、保守を延長しますか。など。

  • 誕生日の日付
    誕生日の登録があれば、毎年バースデークーポンを送るなどのシナリオを自動化することができます。

リスト更新を起点に

メール配信のリストに追加されたり、リスト内の項目に変更があったときに送信されます。

  • リストに追加されたとき

    連絡先がリストに追加されたのを起点にメールを送れます。

  • リストから削除されたとき

    メルマガを登録解除した際、フォローアップのメールを送れます。

  • リストの値が変更されたとき

    リストの値が変わったときに、メールを送れます。

ステップメール途中のアクションを起点に

自動化されたシナリオが実行中のリスト(キュー)に対してのアクションを起点にメールを送れます。

  • メール送信済み

    メール送信済のリスト(キュー)に対するアクションができます。
    <活用例>
    Aというメールを送信後、Bというメールを○日後に自動で送る。

  • メール開封済みか否か

    メールを開封済み、または未開封のリスト(キュー)にのみ、○○というメールを送る設定ができます。メールを開封済み、または未開封の理由は何かを考えると、次は何をすれば良いか検討しやすくなります。

    <活用例>

    ・メールを開封したということは、そのメールまたはメール件名に対して興味を持っている証拠。送信したメールが期間限定のキャンペーンで購入や問い合わせに繋がらない場合は、再度○日後にメールを送るなどといった設定ができます。

    ・”コスト削減”のテーマでメール配信したが未開封のため、”働き方改革”のテーマでメール配信する。

    ・導入検討が進んでいるタイミングと推察し、”導入効果シミュレーション”のメールを配信したが未開封のため、”お役立ち情報”を配信する。

  • メールをクリックした/していない

    メール内のURLをクリックした、またはクリックしていないリスト(キュー)にのみ、○○というメールを送る設定ができます。

  •  メール内の特定のURLをクリックした

    メール本文内の特定のURLをクリックしたリスト(キュー)にのみ、○○というメールを送る設定ができます。

    <活用例>

    購買プロセスの各段階に沿った3本立てのメールを送り、クリックしたURLの内容に応じて、次のメールを送ることができます。代替手段との比較のURLをクリックしたら、具体的に検討している可能性があるため、コストシミュレーションのメールを送るなど。

ECとの連携で

ECサイトとの連携ができます。但し、連携できるECサイトが限られています。また、日本国内でよく利用されているECサイトとの連携はないため、ここでは参考までに簡単に紹介します。

※このトリガーは、Shopify、BigCommerce、WooCommerce、Magentoなどの接続された電子商取引プラットフォームから顧客をターゲット設定するのに役立ちます 。

  • 任意の商品を購入する

    商品を購入した後にメールを配信できます。

  • 特定の商品、または商品カテゴリのものを購入する

    商品または商品カテゴリを特定して、メールを配信できます。

  • リピート購入がない

    一度商品を購入したものの、まだ2回目の購入をしていない顧客をターゲットとするメールを配信可能です。

  • カートに入った商品を購入していない

    ログインした顧客がカートに入った商品を購入していないときにメールを配信できます。このトリガーは、放棄されたカート自動化の一部としてのみ使用できます。

MailChimpのリスト登録時の自動メール配信スケジュールについて

MailChimpで設定可能なトリガーによって、配信スケジュールの設定値も異なります。

<リスト登録時>

  • リスト登録直後
    登録された直後にメールを送れます。
  • 指定した曜日と時間
    月曜日から金曜日までの間のAM11時、といった設定が可能です。
  • 指定した曜日と何時から何時までの間
    月曜日と水曜日と金曜日のAM9時~PM5時、といった設定が可能です。

<ステップメール途中>

  • トリガー直後
    トリガーが実施された直後にメールを送れます。
  • 指定した時間、日、週
    トリガーが実施された後、1時間後、2日後、3週間後といった設定が可能です。

いかがでしたでしょうか。

MailChimpは無料とは思えないほど、マーケティングオートメーション機能も充実しています。無料の条件はありますが、小規模のマーケティングであれば十分な企業も多いと思います。マーケティングオートメーションがモヤッとしている方、スタートアップ、SOHOや個人ブログを運営している方は「MailChimp」の導入をお勧めします。

以上、「MailChimpのステップメールで実現可能なトリガーまとめ」の記事をご紹介しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT