マーケティングオートメーションは魔法の杖か?(無料で始めるBtoBマーケティングオートメーション入門 vol.1)

マーケティングオートメーションは魔法の杖か

「マーケティングオートメーション」というキーワードがマーケティング界隈で流行っています。この「マーケティングオートメーション」って何かふわっとモヤッとしているけど、たぶん神がかり的な魔法の杖のような凄いツールだから自社でも導入したほうが良い!って漠然と思い込んでいる方はいないでしょうか。

・・・少し前の私です(苦笑)

ただ、冷静に冷静に分解していくと“設計が全て”であると感じてきました。

なぜなら、「誰に・いつ・どんな内容を・どの方法でアプローチするのか」のシナリオ設計がポイントになるからです。

そして、BtoBのマーケティングオートメーションを実運用で効果を上げるために必要なことは3つだと感じています。

・リード獲得から育成までの一連の設計図の構築。(該当商材の営業センス)

・リード獲得後の育成段階を担う仕組み。(インサイドセールスのような組織)

・マーケティングオートメーションツールの運用に没頭するための十分な時間。

スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
スポンサーリンク

そもそも、マーケティングオートメーションとは?

オンライン/オフラインのマーケティング活動において、個別の顧客とのコミュニケーションを自動化するために開発されたツールや仕組み。

要約してしまうと、神がかった魔法の杖的なイメージしか残りません(笑)

マーケティングオートメーションの機能とその本質

主な機能は以下のとおり。

・メール配信や登録フォーム

・キャンペーン管理

・リード管理

・マーケティング分析、ウェブ解析、リードの行動分析

マーケティングオートメーション以前、これらの機能は個別のマーケティングツールとして存在していました。マーケティングオートメーションでは、企業のマーケティングで必要な機能のほぼすべてがひとつのソフトウエアで実現できます。

この中で、中核となる機能はリード管理です。

マーケティングオートメーションの本質は、個々の見込み顧客を育て案件化することだと捉えています。つまり、個々のリードに対し最適なタイミングで最適なコンテンツやアクションを自動的に届けることで購買意欲を高めることができます。

マーケティングオートメーション入門編、リード獲得&顧客単位で分析可能な無料の「Leadin」

高価なマーケティングオートメーションツール。導入には足踏みをする企業も多いと察します。

高価なツールの導入前に、入門編としてマーケティングオートメーションの本質を多少掴めそうなツールを使ってみることをお勧めします。

それは、Hubspot社が提供する無料ツール「Leadin」。

「Leadin」は、ウェブサイトにメール登録を促すポップアップを設置でき、管理画面から登録者の情報を閲覧できます。つまり、サイト訪問者をメルマガ登録へと誘導しリードに転換する支援ツールです。しかも、このリードは個別にどのページを見てどのような経緯で登録したのか、登録後にいつ再訪問しているかも把握可能です。

今回はここまで。

「Leadin」の5つの特長は下記記事をご確認ください。

なんと無料!!「Leadin」の5つの特長 (無料で始めるBtoBマーケティングオートメーション入門 vol.2)

【おまけ】お勧めのマーケティングオートメーション関連本

BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方

BtoBのためのマーケティングオートメーション 正しい選び方・使い方 日本企業のマーケティングと営業を考える
マーケティングオートメーション入門
日経BP社 (2015-07-02)
売り上げランキング: 9,154

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT