「HubSpot Marketing Free(旧Leadin)」の導入と設定手順 (無料で始めるBtoBマーケティングオートメーション入門 vol.4)

HubSpot Marketing Free

2015年秋にHubSpot(ハブスポット)社から正式アナウンスされた「Leadin」が、2016年秋には「Hubspot Marketing Free」に変わりました。

HubSpot社の年次イベント”INBOUND 2016”で発表された「HubSpot Marketing Free」などの内容はこちらで確認できます。

HubSpot(ハブスポット)が年次イベントINBOUND 2016で無償マーケティングソフトウェア「HubSpot Marketing Free」などを発表 | Web担当者Forum
(ユーザー投稿)米HubSpot(ハブスポット)主催の年次カンファレンス「INBOUND 2016」が米国時間11月8~11日にかけてボストンで開催されました。今年のINBOUNDへは全世界から約19,000人のマーケターが集まり、2日目の9日には、同社の共同創業者であるBrian Halligan CEO兼共同創業者...

そこで、今回は「Hubspot Marketing Free」の設定方法をご紹介します。

スポンサーリンク

「Hubspot Marketing Free(旧Leadin)」の導入方法は2つ

  • WordPressのプラグインを利用する方法
  • サイト内にタグを挿入する方法

「Hubspot Marketing Free」のサイトはこちらです。

http://www.hubspot.com/products/get-started

WordPressの「HubSpot Marketing Free」プラグインの設定手順

1.WordPress管理画面のプラグイン新規追加画面から「HubSpot Marketing Free」でキーワード検索しダウンロードし、有効化する。
HubSpotMarketingFree-forWordPress01

2.有効化すると、WordPress管理画面に[HubSpot]メニューが表示される。「Complete Setup」ボタンをクリックする。

HubSpotMarketingFree-forWordPress02

ここからは、HubSpotサイトでの設定に移る。
「HubSpot Marketing Free」サイトでの設定手順

1.HubSpotサイトが表示される。HubSpotアカウントを持っていない場合は、「URL」「email」「HubSpotログイン時のパスワード」を設定し、サービスの詳細説明に同意チェックを入れて、「Create my account」ボタンをクリックする。HubSpotMarketingFree-forWordPress03HubSpotMarketingFree-forWordPress04

2.登録されると、ダッシュボード画面が表示される。上部の赤枠欄に登録したemailが有効になっていないと表示されるため、メールを送信するボタンをクリックして、emailを有効化する。
HubSpotMarketingFree-forWordPress05

3.emailを有効化したら、ダッシュボードページの「2. Create a lead flow」欄の「Create a flow」ボタンをクリックする。※Lead flowとは、ウェブサイトに表示されるポップアップのこと。HubSpotMarketingFree-forWordPress05-1HubSpotMarketingFree-forWordPress06

ここから、Lead flows(ポップアップ表示)の詳細設定を行う。

4.Lead flowsのTypeを1つ選択し、右上の「Next」ボタンをクリックする。

※ページ上部に完成までの作成フローが表示されており、順に設定していけば簡単に作成できる。後から戻って修正することも可能。
HubSpotMarketingFree-forWordPress07

5.Callout内容を添付の赤枠内に設定する。

(プレビュー表示されるから非常にわかりやすい)HubSpotMarketingFree-forWordPress08

6.Form登録画面の内容を設定する。(Eメールのみの設定も可能)HubSpotMarketingFree-forWordPress09

7.Thankyou画面の表示内容を設定する。HubSpotMarketingFree-forWordPress10

8.その他もろもろ設定する。
HubSpotMarketingFree-forWordPress11

9.プレビューページで、設定した内容をチェックする。問題がなければ、「Publish」ボタンをクリックし登録完了。
HubSpotMarketingFree-forWordPress12

10.公開しても良いかという確認画面が表示されるので「Set it live」ボタンをクリックする。(クリックするとすぐに公開される)
13

以上で、WordPressプラグインでの「HubSpot marketing Free」設定は終了です。

サイト内にタグを挿入する設定手順

  1. HubSpot marketing Freeのサイトで新規登録する。
    HubSpot marketing FreeのSetting画面で[Instllation]をクリックする。
  2. Embed Codeをコピーしサイトに貼り付ける。

※ WordPress以外にも様々なプラットフォームに対応しています。WordPress・Joomla・Drupal・Wix・Squarespace・Unbounce・Magento・Google Tag Manager・Other

Leadin公式サイトに手順が掲載されているのでわかりやすいと思います。

https://knowledge.hubspot.com/articles/kcs_article/reports/how-to-install-your-hubspot-tracking-code-on-an-external-website-with-marketing-free-and-starter

「MailChimp」と「HubSpot Marketing Free」の連携方法

「HubSpot marketing Free」自体はメール配信機能はありません。リード獲得のポップアップフォームとデータベース管理のみです。しかしながら、MailChimpなどのメール配信ソフトウェアとも連携して、メール配信を行うことが可能です。

メール配信までの連携を行うと、個々のリード管理を実現しつつ、メール配信などでインバウンドマーケティングを仕掛ける土台ができます。つまり、マーケティングオートメーション入門編とも言える環境が無料*で簡単に構築できるのです。

(* MailChimpは購読者数2,000以下であれば月間12,000通まで無料で送信可能)

マーケティングオートメーションがモヤッとしている方、スタートアップやSOHOの方は導入をお勧めします。無料でこんなに簡単にリード管理ができるシステムはそうはないはずです。

以上、「HubSpot Marketing Free(旧Leadin)」の導入と設定手順 (無料で始めるBtoBマーケティングオートメーション入門 vol.4)を紹介しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
更新情報をメールで受け取る
メールアドレスを登録すると新着記事や実践事例をメールでお送りします。また、ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、BtoBマーケティングのヒントをお探しなら今すぐご登録ください。
(配信頻度は月に1回程度です)
メルマガサンプル
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT

コメントする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ADVERTISEMENT